気づき

人は不満にエネルギーを使いすぎている

なんだか最近特に思います。
多くの人が不満にエネルギー使いすぎです。

例えばサラリーマンの愚痴呑み。
ものすごいマイナスのエネルギーが溢れています。

以前ラーメン屋で食べてた時、
隣にいるサラリーマンが散々愚痴を言いながらラーメンを食べていました。

はっきり言ってその愚痴を聞いてる、
いや聞こえてしまう
僕のラーメンまでまずくなります。

本当にエネルギーがすごい。

俺は何億やってるんだ!
あいつは分かってない!
あいつが気にくわない!

全部プラスの方向に変えればいいのにな。
エネルギー自体はあるんだから、
ベクトル変えるだけですよね。

思えば自分もそうでした。

ですが、不満のエネルギーを自分へ向けて自分に時間を使うようになってから、色々と道が拓けてきたように思います。

最初はなかなか難しいので、
まず不満の対象を一切気にしない事から始めました。まず不満エネルギーを止めてからプラスの方向へとエネルギーを使います。

不満のエネルギーも
プラスのエネルギーも
もともとあるエネルギー。

どちらに使うか?

だけかなと。

URAPYON

20年ぶりの集まり。利害関係のない縁って最高!前のページ

最近、まわりで起こる出来事のタイミングが神がかっている。次のページ

関連記事

  1. 気づき

    価値認識の距離

    どうもURAPYONです。ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドがヤ…

  2. 気づき

    どんな仕事でも自分の仕事の本質は変わらない。

    僕はBtoCが好きです。理由は単純で、届けるお客様のフィー…

  3. 気づき

    誰もが「メーカー」でなければ生き残れない。

    ホワイトカラーは情報の製造業である。とは、山口周さんの言葉です…

  4. 気づき

    『スターウォーズ・スカイウォーカーの夜明け』を3回観て感じたこと。

    どもURAPYONです。今回はスターウォーズを。新作映…

  5. 気づき

    効率性の社会になればなるほどチャンスしかない。

    効率化とか生産性とか。社会がみんなそっちの方向へ向いてますよね…

PAGE TOP