気づき

商品知識でもない、セールストークでもない、ベテラン販売員と新人販売員の決定的な違い。

どもURAPYONです。

新幹線と言えば社内販売。
先月乗った新幹線での気づきです。
このシーズン。ちょうど新人の販売員さんの研修のようです。

先輩らしき販売員さんと二人で車両を周っていました。

先輩がフォローしながら、
初々しい新人さんが接客してくれます。

多少のたどたどしさは愛嬌です。
その接客を見ながらの気づきですが、
ベテランと新人さんで何が違うのか?

それは、

察知力でした。

お客さんの察知力。

経験がないので、
仕方ないのかもしれませんが、
まず新人さんは買おうとしているお客さんに気づきません。

転じてベテラン販売員さんは総じてお客さんを察知します。この違い。

だから多分、
売れるか売れないかは見込み客をどれだけ察知できるか?
この違いなんでしょうね。
これすごく大切だと思います。

お客さんはお客さんになろうとしているけど、
それに気づいてあげなければ、
当然、売上になりません。

この新幹線の気づきは勉強になりました。
やっぱりアンテナ張ってないとだめってことですね。

URAPYON

写真で一言。前のページ

上から目線の自己投資論次のページ

関連記事

  1. 気づき

    資料はそんなに必要ではない。

    今日プレゼンだった。とある会社の本社。相手は取締役。…

  2. 気づき

    ウォーレン・バフェットが生涯かけて行なう「3つの自己投資」

    本当にそれ。投資という考え方は、金融以外にも必要。…

  3. 気づき

    知的好奇心が止まらない、止められない。好奇心こそビジネスの源泉。

    仕事を楽しくやるにはどうしたらいいか?僕の答えは、自分の研…

  4. 気づき

    一生使える知識

    どもurapyonです。一生使える知識。それは、…

  5. 気づき

    つぶやき。営業不要論。

    はっきり言おう。商品特性上、営業不要のものはある。そういう…

  6. 気づき

    つぶやき。戦争。

    相手の立場に立てないことを「戦争」という。これは国家間だけ…

PAGE TOP