気づき

怒りとは弱さの証明である。

あなたは日常から怒っていますか?¥
それとも怒らずに穏やかな毎日をすごしていますか?

様々あると思いますが、最近特に思う事は「短期は損気」です。
そもそも怒りってなんでしょうか?僕は怒りについてこんな風に思っています。

怒りとは自分の弱さの証明。

どうでしょうか。

かくいう自分も怒鳴ったり、嫌味を言ってしまったりもちろん沢山あります。なんども経験して、失敗して。
反省して。

でも怒って、他人に言わなくてもいい事をそのままストレートにぶつけて何になるでしょうか?そういうスタイルも一時期は通用するかもしれないですが、長くは続かないと思います。それは人間自体が承認欲求の塊だからです。

たまに逆のパターンもありますが、ほとんどがそうです。
「私のこと、無視してくれてありがとう」
なんて人はいないでしょう。

感情はもちろんあって良いことです。
それを表面上に出すか、表現を変えるかの違いだと思います。

対人関係の怒りであれば、大半が他人をコントロールできない。つまり他人を意図的に動かせないことの怒り。が多いと思います。

子育て、上司部下、お店のクレームなどなど。

要は、自分が他人を動かせない事に対しての弱さを認めざるを得ない。だから怒る。それは自分の弱さの証明ではないでしょうか?

でもそこで怒りを表に出して得になることがあるでしょうか?

それともお店に無理難題を押し付けて得でもしたのでしょうか?

誤解なく言っておくと、自分も怒ることがまだまだあります。
そんな時にさっきの言葉を思い出し、自分に言い聞かせ、反省します。

怒りとは自分の弱さの証明。

穏やかな毎日を過ごしたいですね♪

今日もあなたらしく、
愉しい一日を!
応援しています♪

URAPYON

価値観を持つのは必要だけど、気をつけなきゃいけないこと。前のページ

最近レオレオーニがツボ。次のページ

関連記事

  1. 気づき

    本当のチャンスってピンチくらいしかない。

    楠木健さんが好きだ。文体もユーモアがあるし、見識も目を見張…

  2. 気づき

    安くしても売れない時にチェックするたったひとつのポイント

    商品が売れない。サービスが売れない。極限まで安くしても…

  3. 気づき

    慣れてきた頃が一番あやうい。

    「ありがとうございましたぁ、またのご来店をお待ちしておりまぁす!」…

  4. 気づき

    人が自発的に動けなくなるメカニズム

    自発的に動いてくれない。なんて悩みはどこでも聞く。会社…

  5. 気づき

    仕事って本当はやりたい事じゃない気がする。

    仕事って本当はやりたい事じゃない気がする。やりたい事ってあくま…

  6. 気づき

    【大事なメモ】売る側がお客さんになり、お客さんが売る側になる。

    ※今後掘り下げたいテーマなどのメモ売る側がお客さんになり、…

PAGE TOP