レビュー

映画『ダンケルク』から何を受け取ったか。

どもURAPYONです。

観てきました『ダンケルク』
最初から最後まで、
いいオッさんが乙女?のような祈りのポーズで
見守るように観てました(笑)

映像体験はとにかくすごかった。

『映画を観る』ではなく、
『映画にいる』感覚。

ですね。
臨場感がありました。

ただ、今までのノーラン監督作品を好きな人は
多少物足りない人はいるかもしれないです。

正直、僕も物足りなさを感じました。
実話にもとづく話なので、
アレンジのしようがないってのもあるでしょうね。

これといったストーリー性がないのも
戦争体験へと没入させるためでしょう。

とにかく凄まじい映像体験でした。
※できればIMAXで観るべきですね。

まぁグダグダ言ってもあれなんで、
僕がこの映画から受け取ったメッセージは、

人生どんな局面だろうが、自分ができる事は必ず目の前にある

という事。

映像美、描写も素晴らしいですが、
映画として、このメッセージを強く感じました。

映画はそこから何をメッセージとして受け取るか。
これが大切ですね。

あなたも僕も、
今日自分にしかできない何かがきっとあるはず。
それでは今日もあなたらしく、愉しい一日を!

いつも僕を悩ませるもの。前のページ

本日の名言次のページ

関連記事

  1. レビュー

    おおかみこどもの雨と雪

    昨日「おおかみこどもの雨と雪」を観ました。テレビを捨てて、プロジェ…

  2. レビュー

    「シン・ゴジラ」鑑賞直後、面白い!と思えなかった理由

    ★直接的なネタバレはないと思いますが、先入観なしで鑑賞したい方は鑑賞後…

  3. レビュー

    【ごはんめも】支那そば 大和・稲荷町

    たしか白つけそば。非常にさっぱりとしていて毎日でも食べられそう。…

  4. レビュー

    ミドリのDiamond memoが使いやすい!

    URAPYONは文具好きです。数ある手帳、ノートなどは片っ端から使…

PAGE TOP