気づき

本との出会いは自分次第

たまに「本との出会い」を売りにしている(ような)書店さんてありますよね。

確かに色んな本を揃えていて、揃えてあるからこそ出会えるのだとも思いますが、僕が考える「本との出会い」というのは少し違います。

それは、

本との出会いは自分次第である。

ということ。

主に自己啓発やビジネススキルに限ってですが、不思議と自分にあった本というのは自分がそのステージにいる時に出会えるような気がしています。

本との出会いって、単なる書店で出くわす。

ってだけではなく、今現在の自分に最適なタイミングで目の前に現れ、また自分も吸収する準備ができていること。

これが僕が思う「本との出会い」です。

書店でばったり会ったとしても自分のスキルが足りていなかったりしていたら、目の前にある本も生きてこないし、自分の中にも入って来ない気がするんですよね。

いわゆる身の丈にあった本との出会いなのか、背伸びしすぎている出会いかみたいな感じです。

だから最適な本、良書というのはそれぞれ自分の位置によって決まるし、最適なタイミングでないと活かせない。

つまり、その本に見合う自分が用意できているか。につきます。

自分をグレードアップすれば、さらに高みの本と出会えると信じています。

以上、URAPYON的、本との出会いでした。

URAPYON

ウソはいけないぞ、ウソは(笑)前のページ

色々あってひとまずブログお休みしています。次のページ

関連記事

  1. 気づき

    たまに「買う人が分かる」っていう販売員さんがいますが、そんなの二流。

    どもURAPYONです。販売員さんでたまにいませんか?「私…

  2. 気づき

    予期せぬ雑談が、予期せぬ価値を産む

    どもURAPYONです。「伝えて・届けるお手伝い」してます。…

  3. 気づき

    いつもギリギリにならないと動かないやつです。

    どもURAPYONです。いきてます。あなたはお元気です…

  4. 気づき

    誰もが「メーカー」でなければ生き残れない。

    ホワイトカラーは情報の製造業である。とは、山口周さんの言葉です…

  5. 気づき

    「袋は有料で22円になりますが、いかがいたしましょうか?」

    どこもかしこも袋が有料である。「袋は有料になりますが、いかが致…

  6. 気づき

    在宅勤務ができる。とは何か?

    在宅勤務。テレワーク。ほとんどひきこもり。とい…

PAGE TOP