気づき

雰囲気とかサービスという人間が作り出せることをする。

雰囲気とかサービス。

これってもっと考える余地があると思う。

この時代商品力、コストともに限界まできている。

前はそれこそ企業努力なんて言葉もあったけど、もうどこも限界までやってると思う。

そんな時にどうするか?なんだけど、いわゆる人間的なアプローチが有効になってくると思う。

雰囲気づくりとか、サービスの内容。

例えばどこでも何かしらを販売していると思うんだけど、それをお客さんにどう届けるか?を徹底して考える。

これだけでも結構ヒントあると思うんだよね。

もう商品だけを伝えるのは客としてはうんざり。

ちょっとしたしかけなんかが必要なんだろうな、、、。

そこで有効になるのが非常識思考。

これ本当に使える(と思う)

つまり常識の真逆を考えてみる。

誰もやらないこと。考えるだけはただなので、コストも一切考えずに発想してみる。そこから自分ができることをやってみる。

これってすごいチャンスを産む。

特に損得を抜きにして考えると発想が豊かになる。みんなコストばっか見ているからチャンスなんだよね。

人と違うことをしてみるって本当にチャンスだらけ。

みんな同じこと考えてて欲しい笑

URAPYON

我々はもっと出来る事に目を向けるべき。前のページ

ブスが嫌いです。(容姿の事ではない)次のページ

関連記事

  1. 気づき

    人が自発的に動けなくなるメカニズム

    自発的に動いてくれない。なんて悩みはどこでも聞く。会社…

  2. 気づき

    つぶやき。自分にとっての良書の定義。

    自分にとっての良書の定義。それは他人に教えたくない本である。…

  3. 気づき

    ある日突然、アルフィーで学んだこと

    ※この記事はメルマガの再アップです。始まりはとある1本の電話か…

  4. はじめのひとこと研究室

    仕組みを作れる人、作れない人。

    仕組み作りって大切。それは今までのルーチンを壊すことだったりす…

  5. 気づき

    チャーハン作ってて気づいたこと。

    うまくいった。いや、初めてかもしれない。何かというと他愛も…

  6. 気づき

    作品は2度、味わうものだ。

    作品。映画、コミック、小説、ビジネス書などなど、いわゆるコンテ…

PAGE TOP